• No : 2778
  • 公開日時 : 2020/03/05 10:44
  • 印刷

マイナポータルができたら、申告手続が簡素化されるのでしょうか。

回答

マイナポータルには下記の機能があり、更に利用者の利便性を図るための整備を進めています。
・行政機関がマイナンバーの付いた自分の情報をいつ、どことやりとりしたのか確認できる
・行政機関が保有する自分に関する情報や行政機関から自分に対しての必要なお知らせ情報等を自宅のパソコン等から確認できる
・各種社会保険料の支払金額や確定申告等を行う際に参考となる情報の入手等が行える
・マイナポータルのお知らせからネットバンキング(ペイジー)やクレジットカードでの公金決済ができる
国税庁においては、 マイナポータルの「もっとつながる」の機能を利用して、マイナポータルとe-Taxをつなげることができるようにしました。これにより、マイナンバーカードでマイナポータルにログインすれば、これまで入力していただいていたe-Tax用の利用者識別番号と暗証番号を入力することなくe-Taxにログインし、メッセージボックスの情報を確認できるほか、納税証明書、源泉所得税、法定調書などに関する手続がご利用になれます。
e-Taxでご利用可能な手続の詳細は、下記をご参照ください。
マイナポータルとe-Taxをつなぐ方法は、下記をご参照ください。
所得税の申告書等を作成される方は、確定申告書等作成コーナーをご利用ください。同コーナーを利用して作成した申告書をe-Taxにより提出される場合、上記のマイナポータルを経由してログインした場合でも、送信の際には、従来どおりe-Tax用の利用者識別番号と暗証番号を入力する必要がありますのでご留意ください。
確定申告書等作成コーナーの詳細は、下記をご参照ください。